東海社会人サッカーリーグ第9節常葉大学浜松キャンパスFC戦 選手・監督コメント

BZ9R0242

第50回東海社会人サッカーリーグ第9節
2015年7月11日(土)15:00キックオフ
@石垣池公園陸上競技場
天候:晴れ 入場者数:452人

FC鈴鹿ランポーレ 3-3 常葉大学浜松キャンパスFC
(前半0-1 後半3-2)

 

■監督コメント

ozawa小澤宏一監督

(試合を振り返って)今回の試合中に、監督である自分の監督不行届で、ボールパーソンや観客の方に、不愉快な思いをさせたことをお詫びします。最後に追いついて引き分けたことで、何もかもが許されることではありません。今後、クラブ一同改め、指導して行きたいと思います。
試合内容については、前半の早い段階での交代や、怪我人である選手を使わざる得ない状況、すべてにおいて、監督の責任です。JFLに昇格するしかない中、選手ももう少し落ち着いて、足元を見直し、練習に励んでいく所存です。今後とも、チーム、クラブの応援を宜しくお願いします。

■選手コメント

FW10 北野純也

(試合を振り返って)チーム全体としてミスが多く、セカンドボールへの反応も悪く、相手に主導権を握られてしまいました。試合の入りが良くなかったです。しかし、失点を重ねましたが、諦めずにゴールを狙い続けたことで、ドローに持ち込むことができました。以前は早い時間帯に失点してそのまま終わっていましたが、盛り返せるようになってきて、チームとして成長していると感じました。このドローを前向きに捉えて、次節につなげられるよう準備したいです。応援ありがとうございました。
(立て続けの2得点について)相手のミスもありましたけど、2点決めたことは自信につながるし、続けていきたいですね。でも、それまでにチャンスがいくつかあったので、そこを決めていればまた結果は違っていたと思います。次からはチームが優勢になるように、先にゴールを決めていきたいです。

 

DF3 村田雅則

(試合を振り返って)試合は3失点しているので、ディフェンスとしては反省して、次の試合は無失点に抑えたいと思います。
(今季初得点について)ゴールは押し込むだけでした。点を決めたことより、最後に追いついてチームが勝ち点を取れたことが良かったです。次はアウェイですけど、良い試合をして勝ちたいです。

 

MF28 小澤司

(開幕戦以来の復帰について)大変長くチームに貢献できずにいたので、自分が少しでも貢献できたことにホッとしています。残りのリーグも勝利だけを目指して走ります。またしっかり準備して次節に備えたいです。応援ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
aeon
イオンモール鈴鹿
iset
三洋自動車
iset
津エアポートライン
aeon
ジンテック
iset
ミサワホーム
iset
スパイラルネット

新着記事

@SuzukaUnlimited からのツイート

トップへ