close

第22回JFL開催に伴う有観客試合での観戦方法(応援スタイル)のお願い

2020年7月10日
  • #トップチーム

2020-07-05 11-26-10

いつも鈴鹿ポイントゲッターズをご支援頂き誠にありがとうございます。
 
この度、リーグ戦を再開するにあたり、有観客試合での観戦方法(応援スタイル)におきまして下記事項が決定しましたのでお知らせいたします。
 
下記JFLよりのリリースとなります。ご参考ください。
 
■有観客試合でのお願い
JFLでは第18節の数試合からファン・サポーターの皆様をお迎えしての有観客試合として開催いたします。
但し厳戒態勢時期での開催であることから様々な観戦ルールを下記に記載しました。もし下記事項が遵守されない場合、再びリモートマッチ(無観客試合)としての実施や試合延期措置等を検討されることも考えられます。
また厳戒態勢時期はスタジアム入場可能人数の最大50%までしか入場できません。ホームチームごとにチケット販売や入場方法が異なりますので、事前にホームチームの公式サイト等をご確認の上、ご来場ください。
 
ファン・サポーターの皆様におかれましては、何卒、ご理解とご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。
 
観戦ルール(7月10日時点での情報です)
 今後の状況によっては内容を変更する場合があります。
 
1. 来場者全員に求められる基本ルール
(1) 無理な来場は、勇気をもって、見合わせてください。
 
(2) 体調がよくない場合がご来場しないでください。
 
(例:発熱、咳、喉の痛み、だるさ、味覚嗅覚の異常などの症状がある場合等)
 
(3) 同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる場合はご来場しないでください。
 
(4) 過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航又は当該在住者との濃厚接触がある場合はご来場しないでください。
 
(5) 握手、抱擁などは行わないでください。
 
(6) 社会的距離(できるだけ2m。最低1m)を確保してください。(入退場時、トイレの列など)
 
(7) スタジアムではマスクを着用してください。熱中症対策でマスクを外す場合は、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)の確保、咳エチケットに十分配慮ください。
注意)スタジアムでのマスクの配布はございませんので、各自ご準備ください。
 
(8) 手洗い、手指消毒をこまめに行ってください。
注意)JFLの試合会場では殆どの開催競技場でトイレや洗面所にペーパータオルの設置はありません。
各自多めにハンカチやタオルの準備をお願いします。

 
(8) 観戦時は、座席(立見席・芝生席等含む)から移動することを禁止とします
(間隔を空けずに隣に座る、スタンド前方へ移動して選手に声をかける等)
 
(9) スタジアムの外でも、社会的距離(できるだけ2m、最低1m)を確保することはもとより、大声での発声、歌唱や声援、密集等の感染リスクのある行動を回避してください
 
(10) アルコール飲料の持ち込みは禁止とさせていただきます。
 
2. スタジアムへの入退場時でのお願い
(1) 待機列が「密」にならないようにお願いします。
  例:ブロックごとに入場時間を分ける、開門時間を早める、間隔を空けることの呼びかけ、喋らないことの呼びかけをします。
 
(2) 入場時にサーモグラフィーの前を通過し、高熱が予想される方には、別箇所へ移動いただき体温を測定し、37.5度以上を超えている場合、入場をお断りします。
 
(3) ゲートスタッフは、券面チェックのみ実施し、半券はお客様にもぎってもらいます。
 
(4) 飲料の移し替え(実施する場合)は、カップを触る前にお客様に消毒してもらう場合があります。
 
(5) お客様への配布物がある場合、不特定多数の方が触れないようにスタッフが手渡しをせず、各自で受け取っていただき場合もあります。その際は一人で何個も持ち運ばないようにお願いします。
 
(6) 試合後はゲートが大変混雑する可能性がありますので試合によっては、規制退場を実施しますのでご協力のほどお願いします。
 
3. 応援スタイルについて
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ファン・サポーターの皆さまのご理解とご協力が必要となります。
 
(1) 容認される行為は以下の通りです
・横断幕掲出 
※掲出の際、密にならないよう十分配慮してください
注意)メインスタンド側前方の手すりや壁面は、その真下で関係者の通行や作業スペースになっていることが多く、試合中の選手の待機場所になっている場合もあることから掲出を禁止する場合があります。事前にホームチームの公式サイト等でご確認をお願いします。

 
(2) 禁止される行為は以下の通りです
・応援を扇動する
・歌を歌うなど声を出しての応援、指笛
・手拍子
・タオルマフラー、大旗含むフラッグなどを”振る”もしく”回す”
・トラメガを含むメガホンの使用
・太鼓等の鳴り物
・ハイタッチ、肩組み
・ビッグフラッグ 
※ただし、ビッグフラッグについてはお客様がいない席に掲出する場合は容認される(掲出前に必ずホームチームへ確認してください)
 
詳細はJFL公式サイトをご確認ください
JFL公式サイト