鈴鹿アンリミテッドFC

© 鈴鹿アンリミテッドFC All rights reserved.

logo

小澤宏一監督 2016シーズン続投のお知らせ

いつもFC鈴鹿ランポーレをご支援いただき誠にありがとうございます。
この度、小澤宏一監督が2016シーズンも監督として続投することとなりましたのでお知らせいたします。

プロフィール

生年月日:1964年9月29日
出身:東京都
【保有ライセンス】
SFA Club Coach Certificate
UEFA A Licence Diploma
【指導歴】
1988年~1992年:三菱養和サッカークラブコーチ
1993年~1996年:浦和スポーツクラブ(浦和レッズ下部組織)コーチ
1998年~2001年:A.S. Laranja Kyoto(現・関西リーグ1部)コーチ
2001年~2004年:Preston North End(Championship LEAGUE/England Reserve Team,Youth Team & Center of Excellence)
2004年~2010年:桐蔭学園高校コーチ
2011年~2012年:ギラヴァンツ北九州トップチームコーチ
2013年1月~2013年9月:ヴォルカ鹿児島(現・KAGOSHIMA UNITED FC)監督
2013年11月~2014年:鹿児島実業高校コーチ
2015年~:FC鈴鹿ランポーレ監督

小澤宏一監督 コメント

来季、監督を続けるにあたり、率直なところ迷ったのは事実です。今季のリーグが終了して、結果は2位。全国地域サッカーリーグ決勝大会出場が叶わず、責任を取らなければならないかと思ったこともありました。しかし、昨季から主力選手の大半がチームを離脱した中、シーズン途中にレンタル選手を補充して戦うような編成に後手を踏み、私自身悔いの残るシーズンでありました。だからこそサッカー人として、そして鈴鹿への責任を果たすべく監督を続けることを決めました。続投するにあたり、JFL昇格への目標は変わりません。また現在クラブが抱える様々な問題も監督の仕事では無いのかもしれませんが、クラブスタッフと共に解決をし、このチーム・クラブを地域の皆様のより身近な存在にしたいと思っています。

来季、チーム名が変更となります。それに準じてクラブのイメージをもっと良い方向に変え、チームの規律や姿勢も、もう少しクリーンでありながら、今以上にアグレッシブでポジティブなサッカーを進められたらと思います。
臨機応変に的確な対応が取れるよう、チーム・クラブを成長させていきたいと思っています。

ファン・サポーター並びにスポンサーの皆さまには日頃よりご支援・ご声援をいただいき誠にありがとうございます。今季は本当に悔しい思いをさせてしまい申し訳ございませんでした。結果だけではなく、皆さんの思いをピッチで表現することが出来ませんでした。チーム・クラブとして、力不足だったと思います。来季こそは今からしっかり準備をして、チーム・クラブとして皆さんから受け入れられ愛されるチームになれるよう日々精進していきます。

チーム名は変更となりますが、今後とも応援宜しくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
aeon
イオンモール鈴鹿
iset
イセット株式会社
iset
津エアポートライン
iset
株式会社ストーリア

関連記事

堀河 (17)

20189/21

10月トップチームスケジュール更新のお知らせ

いつも鈴鹿アンリミテッドFCをご支援いただきましてありがとうございます。 10月のチームスケジュールを更新いたしましたのでお知らせいた…

バトルロワイアル

20189/20

社長バトルロワイアル2018最終結果発表!!

いつも鈴鹿アンリミテッドFCをご支援頂きまして誠にありがとうございます。 9月15日(土)に開催されました社長バトルロワイヤル最終戦の…

kariya2-001

20189/19

9月23日(日)東海社会人サッカーリーグ1部 第13戦 FC刈谷戦について

いつも鈴鹿アンリミテッドFCをご支援いただき誠にありがとうございます。 9月23日(日)に開催されます東海社会人サッカーリーグ1部 第…

syasin

20189/18

アンリミテッド写真展結果発表!!

いつも鈴鹿アンリミテッドFCをご支援いただき誠にありがとうございます。 9月16日(日)に行われたアンリミテッド写真展にて皆様よりご投…

DSCPDC_0001_BURST20180916154631749_COVER-min

20189/18

【イベントレポート】9月16日(日)@イオンモール鈴鹿様

いつも鈴鹿アンリミテッドFCをご支援いただきまして誠にありがとうございます。 9月16日(日)にトップパートナーである”イオンモール鈴…

ページ上部へ戻る