監督挨拶 地域決勝を終えて

全国地域サッカーリーグ決勝大会1次ラウンド敗退が決まり、髙木成太監督より皆様へご挨拶がありますので、掲載いたします。

こんにちは。
FC鈴鹿ランポーレ監督の高木成太です。
日頃から、ご支援ご協力、応援していただき大変感謝しております。
ありがとうございます。

11月7,8,9日と、山口県下関市で、全国地域サッカーリーグ決勝大会1次ラウンドが行われました。
7日の相手は、サウルコス福井。
初戦がとても重要だと皆が思っていました。
そのために我々は、4日に山口県に入り調整してきました。
結果は1-2の敗戦でした。

次の日、8日は松江シティFC。
後がない状態で、選手たちは力を発揮してくれました。
3-0での勝利。
2日目を終えてこのグループは、勝ち点3で4チームが並ぶという混戦になりました。

そして、9日。
相手はクラブ・ドラゴンズ。
結果論ですが、1-0でも勝っていればワイルドカードでの決勝ラウンド進出でした。
ですが、結果は0-3の敗戦。
そのクラブ・ドラゴンズが、ワイルドカードで決勝ラウンド進出を決めました。

選手たちは、本当によく走りました。
最後まで、諦めませんでした。
10人になっても、粘り強く闘いました。

ですが、ほんの少しだけ何かが足りませんでした。
自分の力も足りませんでした。

遠くまで応援に駆けつけてくれた、サポーターや支援者や関係者の方々には、本当に感謝しきれません。
特に、雨の中を声をからしながら応援していただいたサポーターの皆様、本当にありがとうございました。
期待に添えることはできませんでした。
申し訳ありませんでした。

この悔しい経験を新しいパワーにかえて、ランポーレは前進しなければなりません。
どうかもう少しだけ、ランポーレに力を貸してください。
JFL昇格をかけたこの大会で、2014年の公式戦は終了しました。
今年一年、本当にありがとうございました。

FC鈴鹿ランポーレ
監督 高木成太

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

@SuzukaUnlimited からのツイート

トップへ