鈴鹿アンリミテッドFC

© 鈴鹿アンリミテッドFC All rights reserved.

0

東海社会人サッカーリーグ第8節 ヴィアティン三重 戦 マッチレポート

6月26日(日)、東海社会人サッカーリーグ1部の第8節が行われ、鈴鹿アンリミテッドFC(以下、鈴鹿)は敵地でヴィアティン三重との三重ダービーに2-1と競り勝ち、リーグ4連勝を飾った。

各チームの都合によって試合時期がバラバラになっている東海リーグ。ヴィアティン三重とは開幕戦で戦い引き分けているが、早くもリターンマッチが行われることとなった。

スタメンはGK月成、DF村田、藤井、野口、藤田、MF矢野、大村、渋谷、泉、小澤、FW北野。前節、退場処分を受けた吉川が欠場するボランチには大村が入り、前節ベンチスタートだった渋谷が先発に復帰した。

1

開幕戦では試合の入りに失敗した鈴鹿だったが、この日は立ち上がりからヴィアティン陣内でのプレーが続く。すると10分、小澤の左CKは逆サイドに流れるが、藤井が右サイドで奪い返し、ゴール前に折り返す。ここに飛び込んできた野口が豪快にネットを揺らし、センターバック2人の連携であっさりと先制点を奪う。

2

さらに19分、再び小澤の左CK。ファーサイドで合わせようとした藤井が倒されてPKを獲得。これをエースの北野が冷静に沈め、大きな追加点を挙げた。

3

その後も鈴鹿の攻勢が続き、守備でも藤井、野口のセンターバックコンビがヴィアティンの攻撃をことごとく跳ね返していく。「欲を言えば、前半でもう一点追加点がほしかった」と北野も振り返ったほど、前半45分間は鈴鹿が完全に試合の流れを掌握していた。

4

後半、2点を追うヴィアティンが必死の攻勢に出るが、これは鈴鹿にとっても織り込み済み。11分に矢野に代えて伊藤を投入し、前線からのプレスは緩めない。しかし13分、GK月成のパスを藤牧に奪われ、思わぬ形で失点を喫してしまう。1点差に迫ったことで、ヴィアティンが勢いづき、鈴鹿は徐々に守勢を強いられる展開へ。

「自分たちのミスで失点して、リズムが崩れてしまいチーム全体が慌ててしまった」と藤井は振り返ったが、「そんな中でも粘り強く戦えた」という北野の言葉通り、嫌な流れの中でも鈴鹿は集中を切らさなかった。

5

致命的なミスを犯してしまった月成も、ミスを引きずる様子は見せず、バックパスも怖がることなく落ち着いてプレー。極めつけは試合終了間際、ヴィアティンがゴール前にロングボールを放り込み、ゴール前での競り合いから月成の目の前にボールがこぼれる。これをヴィアティンが押し込むが、勇気を持って飛び出した月成の身体に当たったボールがクロスバーを直撃。ヴィアティンの最後にして最高のチャンスを、月成が文字通り体を張って防ぎ、鈴鹿が2-1で今季2度目の三重ダービーを制した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
aeon
イオンモール鈴鹿
iset
イセット株式会社
iset
津エアポートライン
iset
株式会社ストーリア

関連記事

s_DSC_0865

201812/17

鈴木英敬 三重県知事を表敬訪問いたしました!

いつも鈴鹿アンリミテッドFCをご支援いただき誠にありがとうございます。 12月17日(月)に鈴木英敬 三重県知事を表敬訪問いたしました…

1544756149871

201812/14

末松則子 鈴鹿市長を表敬訪問いたしました!

いつも鈴鹿アンリミテッドFCをご支援いただき誠にありがとうございます。 12月13日(木)に鈴鹿市の末松則子市長を表敬訪問いたしました…

DSC_0814

201812/13

【イベントレポート】明治安田生命フットサル大会

いつも鈴鹿アンリミテッドFCをご支援いただきまして誠にありがとうございます。 12月12日(水)、明治安田生命様にお招きいただき、フッ…

UtL2BA-5

201812/13

【イベントレポート】シーズン報告会&ファン感謝デー

いつも鈴鹿アンリミテッドFCをご支援いただきまして誠にありがとうございます。 12月8日(土)、イオンモール鈴鹿様にてシーズン報告会と…

IMG_20181125_194711

2018シーズン振り返り

2018年シーズンを振り返ってのご報告 いつも鈴鹿アンリミテッドFCを応援いただき誠にありがとうございます。 2018年シーズンも無…

ページ上部へ戻る